公文の算数82回(C教材 あまりのあるわり算の2)




教室では、C136ー140。
ここまでは、30までの数を一けたの数で割るトレーニングかな?

宿題は、C141ー150。
復習ではなく、先に進むことに。
これまでは、計算のテクニックだけで解いてきましたが、文章題も出てきたので、わり算の概念をきちんと理解しないと。

一番いいのは、小学校の教科書なのですが、また教材を探してみることにします。

PR
ブログランキングに参加しています
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする