公文の算数6回目(たす2復習)スピードアップ

気がつけば体験入門から1か月経過。

特に嫌がることもなく通い、毎回20分程度。
宿題も30分ー1時間程度で終わらせることができています。
(やはり、教室の方が集中してやれるので速いですね)

6回目は、たす2の復習(同じ問題)。宿題でもう一度3A160までやって、次回たす3へ入るのかな?

31+2のような大きな数字も出てくるようになってきました。

前回の宿題をやっていて、公文でもらった三角鉛筆が短くなって使いづらそうにしていたので、丸善で購入。

それを使って宿題を10枚ほどやってみましたが、スピード上がりました。
1枚40秒程度。

鉛筆だけが要因ではなく、たす2の数字の感覚が出てきたこと、数字を書き慣れて、文字を小さく速く書けるようになってきたのでそれもスピードアップの要因です。

また、即答できなかった時は、あれ、怪しいなあと自分でも思って、もう一度考え直したりもできているようです。

親としてのサポートは、気分が乗らないときに、ストップウォッチをつかってタイムアタックをやったり、数字を上手に書けているときは褒めてみたりとモチベーションの維持だけに気を配っているような状況です。

PR
ブログランキングに参加しています
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする