公文の算数30回目(A教材)



公文の算数30回目。30回ともなると、かなり通ったなあという感じがします。

教室ではA51ー60(たして24まで)。

宿題は
A41ー60の20枚。
たして24まで。

7,8,9あたりを足しての足される数と答えとの1の位の数の差(わかりにくいですけど)を感覚として身につけていっている感じがします。
足し算なんですけど、9をたすと10増えて、1少なくなり、8足すと10増えて2少なくなる、みたいなところ。

そろばんを習うとそういう感覚はわかるんですけど。

PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする