公文の算数106回(D教材 2けたのわり算の4)とわり算の文章題登場



教室では、D111ー115。
前回に続けて、ノーミス。

宿題は、D116ー130。
見たところ、文章題も入っている模様。
通常の学校の授業と違って、計算処理方法を学んでから文章題。
ちょっとやってみたところ、やはり、戸惑いがあるみたい。

かけ算のときもそうだったけど、どういうときに、わり算を使うのかっていうのは、この文章題がでてきて初めてわかるようになる流れ。

今回も、ほかのプリント教材も使って理解できるようにしよう。

わり算ももうすぐ終わり。

PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする