公文の宿題、小数同士のかけ算でつまづく(→19chに頼る)



公文の算数、F教材の終盤、小数のかけ算に入ってきました。
いつも通りですが、

5.6×0.3=
5.6×0.03=

の例を見て、自分で考えろという流れ。

小数のかけ算でキモになるのが小数点の位置ですが、さすがに2,3の例を見てそれが分かるわけもなく、、、

ということで、こんな時には、はいち先生の19ch.tv

答えの小数点の位置がどこになるか?分かりやすく解説してくれています!

5.2×4.8=24.96

小数点の位置がどこになるか?は簡単。
かける数とかけられる数の小数点以下(小数点より右)の桁数の合計、上記だと、
5.2→1桁
4.8→1桁

の合計2桁。

52×48=2496

を計算し、小数点の位置は、一番右端から2桁左へ移動

2496→249.6→24.96

のような流れ。

この動画では、小数点より右の「0」を消すことまで言及してくれていますので、この動画1つで完全理解できるかと。

きっと小数のわり算も19chさんにお世話になるでしょう。

PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする