夏がきた!カブトムシが成虫に




我が家で飼育中のカブトムシがさなぎから成虫になり、外に出てきました。

カブトムシ

これで三世代目。

初代との出会いは、家族でサポーターの川崎フロンターレのイベント。

2年前、2015年に開催された「カブの日」でつがいをもらいました(イベント参加料は必要だったかな)。

このイベントは、毎年行われていて、今年も7/1に開催されます。
今年もやります!カブトムシの森!

その年は、夏の間お世話をし、やがて親カブトムシは死んでしまいましたが、卵がたくさん残され、幼虫となりました。
20匹ほどいましたので、その一部は、お友達のところへ。
残りの10匹ほどは幼虫から育て、さなぎ→成虫へ。
それが去年の夏。

同じように成虫を夏の間育て、親は死に、卵→さなぎ→成虫へ。

体のつくりや生態を学んだり(実はえさでスイカは×とか)、命の大切さ、毎日欠かさずお世話をすることなど(さなぎの時は結構気を遣います)、多くのことを学んでいると思います。

ジェイのハハは気持ち悪がって、幼虫を触ることができませんが、ジェイは平気。
一匹ずつ名前をつけて(本人は違いがわかっていると言っています、、、)大事にしています。

今、2匹ほど出てきて残り4匹。しっかり育てて、この夏も家族の一員として一緒に過ごしてもらいます。

PR
ブログランキングに参加しています
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする