公文の算数126回(E教材 分数のたし算3)




教室では、E31ー35。
ノーミスで、30分ほどで帰ってきました。
これくらいがちょうどいい。

宿題はE36ー45。
そろそろ3周目なので、次に進めるかな?

間違いというのは基本的には、約分忘れか帯分数の整数の部分の書き忘れ。
なので、計算のお作法は身についてはきたみたい。

公文の算数・数学の教材一覧を見てみると、
E1ー100がたし算
E101ー130がひき算
となっているので、分量はたし算の方が多め。
たし算でしっかり分数の基礎はできるようになるってことかな。

F教材になると四則混合計算も出ているけど、中学受験で出てくるような、小数と分数が混ざったり、大きめの素数を扱うような問題はあまりなかった気がするので、このあたりは、この先、別途ケアしていくのだろう。

そんな問題をジェイがもうすぐ解けるようになるのかと思うと我が子ながらすごいなあと、親バカになるのでした。

PR
ブログランキングに参加しています
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする