真剣勝負と子どもの成長。自信。積極性。




一つ前の投稿「サッカー公式戦デビュー!」で書いたように、
チームの紅白戦でもなく、練習試合でもなく、結果も大事な真剣勝負、公式戦を経験して一週間が経ちました。

一昨日、フロンターレスクールの日でしたが、ミニゲームで大きな変化が。

前回の投稿の通りで、以前は、フィジカルコンタクトが苦手で、人とぶつかることがなかなかできなくて、ボールを奪われたり、奪われたボールを追わなかったり。

自分がボールを受けやすい場所、人がいないところでボールがこぼれてくるのを待っているジェイでしたが、この日は、ガツガツ前からボールを取りに行き、スローインになれば、自分からボールを取りに行ってスローイン。

奪われてもすぐに奪い返してと、いわゆる球際の勝負ができるようになってきました。

これも公式戦の成果。

負けられない試合。チームのために自分ができることを精一杯頑張るということ。実践しようとしているのだと思います。

そし、昨日は、練習試合。
こちらでも、ボールを奪取、積極的にドリブルを仕掛け、シュートを打ち、フリーの味方がいれば、パスを出したりと、ジェイだけでなく、他のチームメイトも。

相手はこれから公式戦を迎えるチームだったのもあり、プレー強度で上回り、全勝、しかも無失点でした。

短期間で、こんなに成長するんだなあと驚いています。

PR
ブログランキングに参加しています
ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする